2016年初心者向け雪山装備まとめ

初心者向けに雪山装備をまとめてみました。
必ず持って行って欲しいものには★
できれば持って行って欲しいものには◆がついています。

初心者向け雪山装備まとめ

ザックの中に…

  • ザック★
  • 雨具★
  • アイゼン★
  • グローブ(アウター)★
  • グローブ(ベース予備)★
  • ストック★
  • 暖かい飲み物を入れた水筒★
  • 地図★
  • コンパス★
  • ヘッドライト★
  • 行動食★
  • 非常食★
  • お昼ご飯(おにぎり以外)★
  • 救急バッグ★
  • 手ぬぐい★
  • 貴重品★
  • ツェルト◆
  • ザックの中を簡易防水化できるゴミ袋◆
  • ザックカバー◆
  • ダウンジャケット◆
  • ツェルト◆

身につけて…

  • 登山靴★
  • 厚手靴下★
  • ベースレイヤー上下★
  • ミドルレイヤー2枚★
  • グローブ(ベース)★
  • フリース★
  • サングラス★
  • 帽子★
  • ソフトシェル◆
  • ハードシェル◆
  • スパッツ(ゲイター)◆

以上になります。
何かあるかもしれないと考えた場合これでも不十分です。

天候が良いことが絶対条件で、
天候が悪化しそうな時や不安を覚える時などはすぐ撤退する勇気が必要です。

もちろん、自己責任の元で登山することになります。
最低限、上記装備は持って入山するようお願いいたします。

周りの登山者からも何かあった時にはこれくらい持っているだろうと想定されています。
周りがに安心するためにも、あなたが安心して登山するために、、、

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*