オススメ8選の軽アイゼンをピックアップ!雪の上を歩いてみよう!

雪山初心者にとって欠かせないアイテムが軽アイゼン。

本格的に雪山登山を始める前に、揃える装備がこの軽アイゼンです。

軽アイゼンを装備することで、春先から行ける雪山もありますので、ぜひこの記事を読んで、この機会に購入の検討をしてみて下さい!

本記事では、軽アイゼンの使い方などを学びつつ、オススメの軽アイゼンなどを紹介していきます!

軽アイゼンとは・・・

どこからどこまでを軽アイゼンと呼ぶのか、、、

答えはチェーンスパイク、4本爪アイゼン、6本爪アイゼンを軽アイゼンといいます。

軽アイゼンは雪山でのハイキングや夏山での雪渓歩きで一般の登山者が活用するものです。

軽がつかない一般的なアイゼンとの違いは、接地面積と前爪の有無の違いにあります。そのため傾斜がキツイ場合やトラバース時などには滑る場合があります。

 

足を斜面に対して平行に置く!ただそれだけ。

軽アイゼンを装着して、どう歩けばいいかというのが、まず初めに気づく問題です。答えはもう出ていますが、足を斜面に対して平行に置きながら歩きます。

いわゆるフラットフィッティングです。

 

軽アイゼンを卒業なんてことはありません。

軽アイゼンからアイゼンを使うようになるということは、ステップアップの上で必然です。しかし、軽アイゼンを卒業しよう!もう使わない!なんてことはあり得ないと思っています。

軽アイゼン=軽い、コンパクト
アイゼン=重い、かさばる

軽アイゼンの特徴を生かして、軽アイゼンで登れる山は軽アイゼンで行こうということになります。また残雪期や夏山の雪渓になってくるとアイゼンではなく、軽アイゼンを装備として選択するケースも多々見られます。

 

My軽アイゼンを選ぼう!

一つは装備しておきたい軽アイゼン。
これだ!っていうアイゼンを見つけてみましょう!

■チェーンスパイクのオススメ

モンベル:チェーンスパイク

持っている人が多いのがモンベルのチェーンスパイク。装着も楽で人気があります。

プレイズ:チェーンスパイク

価格が安い割に評判が良いチェーンスパイクです。

■4本爪のオススメ

マウンテンダックス:4本爪アイゼン

歩行に慣れが必要ですが、装着は楽です。爪が少し大きめ。

エキスパートオブジャパン:クロモリ4Pセット

長い間親しまれている軽アイゼン。この中だとあまりオススメはしません…

■6本爪のオススメ

スノーピーク:トレックシックスセット

最近人気が出てきているのがスノーピークの軽アイゼン。装着にコツがいりそうですが、慣れれば安全性は高そうです。

オクトス:6本爪アイゼンラチェット式

装着が楽なラチェット式で、これから人気が出てきそう!

モンベル:コンパクトスノースパイク

実質7本爪の軽アイゼン。爪が少し小さいのが特徴。

シモン:ボブキャット

有名ブランドシモンの軽アイゼンを持っている人は少なめで、山でも見かけません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*