人気の燕岳に登る雪山ツアーがオススメ!

寒さが厳しくなってきて、雪山への期待も高まるばかり・・・
早る気持ちを抑えつつも、情報収集に勤しむ人も多いのではないでしょうか。

本日は人気の北アルプス・燕岳をご紹介させていただきます。

厳冬期の北アルプスの女王・燕岳に挑む

夏山だけでなく雪山でも人気の燕岳。
冬の燕岳はどんな山なのでしょうか。解説していきます。

北アルプス3大急登は雪山で物を言う

北アルプスの中で烏帽子岳ブナ立尾根、笠が岳の笠新道、そして燕岳合戦尾根があります。

夏の燕岳に登った方は感じられるかもしれませんが意外とアッサリ登られる急登です。そして燕岳は北アルプス入門の山としても知られています。

雪が積もると夏山とは違うコースを歩くことになるのですが、この急登が牙を剥きます。
トレースが明確であったとしても、しっかり踏み固められていない限りは歩きづらく、多少のラッセルが必要となります。

 

長い山行時間にあなたは耐えられるか

  • 宮城ゲートから中房温泉までの登り坂

冬になると宮城ゲートが閉められ、有明荘、中房温泉までの約12,2Kmを徒歩で登ることになります。

宮城ゲートから中房温泉までの歩行時間;約5時間

地味に長い登り坂が続きます。あなたはこの登り坂に耐えられるか。

 

  • 中房温泉から燕山荘までの登り坂

前述の通り、積雪期の燕岳は簡単には登らせてくれません。

中房温泉から燕山荘までの歩行時間;約7時間

キツく長い登り坂。あなたはこの登り坂に耐えられるか。

 

雪山2年目以降の経験者が登る資格あり

正しくは資格など誰にもありません。誰が許可するわけでもないのが登山になります。
それでも北アルプスはそんな簡単な山ではありません。

できれば3年以上雪山を経験している登山者に挑んで欲しいのが燕岳です。

アイゼンの歩行技術やピッケル技術はもちろん十分な体力などが備わった人が頂上に登ることができることでしょう。

燕岳に登らせてくれるツアーに頼ろう

数多くあるツアー企画・主催旅行会社の中でも頼れるのが燕山荘が主催するツアーになります。

〉ツアーのご案内(別ウィンドウで開きます。)

開催日程も下記の通りたくさんあるので、あなたのご都合に合わせて参加してみてはいかがでしょうか。

第1回 2016年12月23日(金)~25日(日)
第2回 2016年12月27日(火)~29日(木)
第3回 2016年12月31日(土)~2017年1月2日(月)
第4回 2017年1月3日(火)~5日(木)
第5回 2017年1月7日(土)~9日(月)

かなり人気のツアーになるので早めの申し込みがオススメです!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*