雪が増えることに期待しましょう!

すでに大雪をもたらしている寒気が来ています。
寒さに弱い方によっては辛い日が続いているのでは無いでしょうか。

さて、今週末の天気や山の天気はどうなるのでしょうか。
一通り全国の天気予報をチェックしてみましたので考察を書いてみました。

自宅待機が吉

雪山登山をしたいと思っている方は雪のない山へ行くことを考えた方が良いかもしれません。
雪山の印象のある山はいつも以上に厳しい環境が待ち受けていることが想像できます。

普段雪の無い山でも凍結や多少の積雪は考えられますので、軽アイゼンは持っていくようにしましょう。
ですが、行かない行かないと宣言しつつも雪山に行きたくなる方もいらっしゃるかと思いますので、行く方へのアドバイスも込みでお届けしております。

 

今週末の雪山は厳しい

日頃から雪が降る地域ではいつも以上の降雪と風に見舞われることが予想されます。
北海道、東北エリアは雪、風ともに強く吹き荒れています。
北陸エリアから日本海側はほとんどの山域で山行中止と考えても良いかと思います。
関東、東海、近畿エリアでは山域によって天気が恵まれるエリアもありますので、低山などで登山を楽しんでみてはいかがでしょうか。
山陰、四国、九州エリアでは山域によってかなり荒れるようです。

 

気温が下がっています。

風も強く、気温も低いために体感気温はグッと下がります。
防寒装備を見直し、また防風対策なども取って雪山に臨むようにしましょう。

もちろん身体が温まる食べ物、飲み物も持って行きましょう!

 

ご注意ください。

週明けまでに雪山では少ないところで1M程度、豪雪地帯では3~4M程度の積雪量になるのではないかと想像しています。
吹き溜まりでは5~6Mもの積雪量になりますので、ご注意ください。

また雪庇が発達しやすい気候です。
稜線などもトレースを信用せずにご自身で雪庇などを注意しながら歩くようにしましょう。

 

次回に期待してみませんか。

荒天の後には陽に恵まれる日が来ることを願いましょう。
ふかふかの新雪の中で登山を楽しむことができるかと思います。

登山靴もいいですが、わかんやスノーシューを持っていくとより楽しめますね!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*