ヤドカリから始める雪山テント泊

全国でも桜が咲き始め、これから日本列島を桜の開花全線が駆け巡っていきそうですね。

桜咲き、春を迎えましたが、もうすぐやってくる長期連休GWを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。
すでに計画を立てている方も多いかと思います。新幹線などの交通機関のチケットも一ヶ月前から発売開始ですので、予約を取り始める方も。

今日はそんな長期連休に始めるヤドカリ族についてお伝えしようと思います。

やどかり族ってなんぞや!?

やどかりのように、各々に合わせた貝殻に住むというスタイルのことをいいます。
人のテントに泊まるというのが最大の特徴であり、自分のテントを持たない人のことをいいます。

3シーズンテントは持っているけど、雪山スタイル(オールシーズン)のテントは持っていない方がテント購入前にやどかり族のスタイルで泊まることが推奨されています。

もちろん、泊めてくれる友人知人、山岳会があることが前提ですが。

 

やどかり族のメリット

最大のメリット

最大のメリットは雪山でのテント泊を気軽に体験することができることです。

雪山ならではのテント装備を身近で体感できる機会はヤドカリ族だからこそ!
ヤドカリ族のうちに吸収できるところは吸収してしまいましょう。

雪山テントを購入して、いきなり雪山に行くのは不安という方はまず雪山でのテント泊ってどんな感じなんだろうかというところから始めると良いですね!

 

メリット2つ目

テントを買う際の参考になるのもメリットといえます。
雪山向けのテントは細かい部分が気になることもあります。

霜対策はどうするの?

ペグはどうするの?

疑問はヤドカリ族で解決してしまいましょう。

 

メリット3つ目

テント装備になるとザックが急に重くなります。
テントの他にも食材や防寒装備が増えます。

ヤドカリ族のうちに身体にザックの重さを体感しておきましょう。
ヤドカリ族では荷物は分担制になると思いますが、テントでお世話になる分、できる限り荷物を背負うようにしましょう。

 

 

ヤドカリ族って迷惑?

ヤドカリ族って迷惑かけるんじゃないのかな?と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん自分だけの時間を過ごしたい人は遠慮するかもしれませんが、一つのテント内に複数人で寝ることで暖かくなり快適なテント生活を送ることができます。

何回も同じ方にお世話になるのではなく、何人かの方と異なるテントで寝てみるのはいかがでしょうか。

 

 

ヤドカリ族まとめ

ヤドカリ族いかがでしたでしょうか。

テント泊はちょっと。。。という方も多く、小屋がある場所でないと行けないという方も多くいらっしゃいます。
雪山ならではのテントの苦労もありますが、テント泊をしないと行けない場所や見れない景色があるのも間違いありません。

ちょっとでも体験してみたいという方は、まずはヤドカリ族からテント生活をスタートしてみてはいかがでしょうか。
テント生活したい!とお友達や知人、山仲間に気軽にお願いしてみましょう!

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*