3月は厳冬期!?初心者は雪山デビューできるの?

2月も間も無く終わりを迎えますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

これから雪山を始めたいという方は3月の残雪期からが雪山デビューなんて方もいらっしゃいますよね。
これからの季節を楽しむためにも改めてチェックしておきましょう!

 

3月は残雪期という認識が一般的?

暖かい日が増える3月は残雪期という認識の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
山の人たちの中でも3月は残雪期とされているかと思います。

関東、また関西より西の方々にとっては3月からは残雪期のシーズンになるかもしれません。

ただし、山の中ではまだまだ厳冬期シーズンというのが実情です。
例年、残雪期気分で入山すると痛い目をみる人々も多く、遭難者が多く出ています。

 

3月は厳冬期という認識を忘れないで!

山の天気が荒れやすいと言われるのはもちろんですが、季節の変わり目に近づくにつれてより変わりやすくなります。
また天気の変化を読むのが非常に難しくなります。
そのため通常の登山より難易度は少し高めになってきます。

低山でも例年荒れる天気が見られるのが春前の時期です。
3月はまだまだ厳冬期!

3月は厳冬期という認識を持っておくと装備に甘さが見られることもなく、しっかりとした準備のもと登山に臨むことができます。

 

3月の天気の特徴

筆者は気象予報士ではありませんので予報をすることはできません。
そのためこういう天気になるのではないかな?という予想です。

3月は比較的好天に恵まれる日が多くなるのではないかと感じています。
そのため午後遅めの時間帯には雲が出てくるため夕方から雪が降り始めたり、基本の高い日には雨が降り始めることになりそうです。

また時折、強めの寒気が入り込むのは例年通りかなと思います。
山に入る前には最新の天気を確認してから山行に臨むようにしましょう。

入山者多めの残雪期

残雪期になると軽アイゼンでの登山者も増え始めます。
比較的トレースもしっかり残っていることが多く、歩きやすい残雪期登山が楽しめるのではないでしょうか。

ただし、油断は禁物です。
少し強い風が一度吹くだけでトレースは無くなることもありますので、無理をせずに慎重な判断をするようにしてください。

 

3月に雪山登山デビューしていいの?

3月に雪山登山をしても良いと思います。

ただし初心者だけが集まって登山するのだけはお控えください。
充分な経験を有するお仲間と共に行動を共にするようにしてください。

初めての雪山に感動することと思います。
あなたのデビュー登山が素敵な1日になることを願います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*